[[/_files/00008273/img_top.jpg]]

サービス

CMS ZOMEKIによるホームページ制作

20名以上の企業・団体サイトの制作はCMS ZOMEKIがおススメ!

 当事務所は、2019年よりCMS ZOMEKIによるサイトホームページ制作の新プランを設定し、ZOMEKIで作るホームページをおススメしております。
2019年5月には勉強会「CMS学んじゃう会」を発足し、CMS ZOMEKIを中心にWordPressや、Jimdoなどのサイトシステムについても見ていきます。2019年11月から「ZOMEKI Creators Club」を設立し、CMS ZOMEKIによるホームページ制作の勉強会も開始します。

制作費用が高騰しないように制作ができます。

CMS ZOMEKI(※1は、WordPressを代表とする一般的なCMSとは異なり、プラグインをインストールして、機能を追加しながら制作する事はありません。つまり、ZOMEKIに搭載されている機能を使ってサイトを制作している限りは、プラグインを導入してプログラムを記載したり、関連する作業で工数が大きくなることはありません。海外製のCMSで制作する場合制作費の高騰を招く場合がすくなくありません。
記事や固定ページなどWordPressでも搭載されている標準的なものから、イベントカレンダーや、サイトの利用範囲を決められるアカウント設定、セキュリティ等に関する内容までフォローしています。<br>自治体向けCMSであるからこそ一般のサイトでも十分に利用できる機能が備わっています。ぜひ、サイト制作では検討のひとつとしてご検討ください。

※1:CMS ZOMEKIは、徳島県公式サイトを制作するために開発されたJoruri CMSから派生したホームページ制作・更新システムです。

ZOMEKIを導入した団体のビフォーアフター

約30名の任意団体からの相談をいただきました。2017年11月にZOMEKIでサイト制作を行いました。

当初は、更新システムの無いホームページをウェブ担当者が更新していました。サイト更新は会の中で職員が行っていたため、担当者をHTML教育にウェブ専門校へ研修に出すなどの行っていたそうです。また、通常業務と更新が重なったときには、1記事で多い時には5か所以上の調整が入り、サイト更新が止まってしまう場合も少なくありませんでした。
そんな状況の中、ウェブの担当者が変わる段階で、ウェブの専門知識が無くても更新ができるホームページを提案して欲しいという声がかかりました。
CMS ZOMEKIを紹介する事で、部署で更新が可能になり、更新した内容はウェブ担当が内容を確認し公開をすることになりました。その結果、ウェブサイトの更新がスムースになり、誰でもが更新できるホームページに生まれ変わりました。その結果、アクセスも上がり会員獲得も順調に増えているそうです。

CMS ZOMEKIでできる事

ZOMEKIに搭載されている主な機能を紹介します。
プラグインを利用せずにサイト制作に必要な機能が備わっています。
※内容はM's Create調べとなります。CMSのバージョンその他で異なる場合があります。

 

更新記事制作編

  • 記事ページ制作

    更新するページを制作します。例:「お知らせ」「告知」「プレスリリース」

  • 公開・公開終了日時の予約設定

    記事公開の公開日時のほか、公開終了日時も予約設定ができます。

  • 連絡先の設定

    あらかじめ部署を設定しておく事により、記事制作後にお問い合わせ先の表示・非表示の設定ができます。

  • 記事の公開承認の設定

    記事を公開する前に記事確認する担当者を設定し、記事制作後メールでお知らせすることができます。誤った情報をそのまま公開するリスクを削減します。

  • Google Mapやオープンソースマップを設定

    記事に有料化されたGoogle Mapや無料のオープンソースマップを設定することができます。イベント会場の告知などにご利用いただけます。

  • カテゴリーの設定

    制作する記事にカテゴリーを設定できます。分類設定はいくつでも可能です。強大な自治体サイトで要求されるキーワードの分類にも対応でき様々な事業を行う企業様でも安心です。

  • タグの設定・関連記事の設定

    記事ページには、任意のキーワードを設定する事により、タグの記事一覧を作成することができます。また、各記事に関連ページを設定することができます。

  • カレンダー表示設定

    任意の記事をカレンダーに表示設定することができます。イベント情報やセール情報様々な時限的なものをカレンダーに設定する事でわかりやすく表記します。

コンテンツ編

コンテンツとは、サイトの記事やページに設定できる機能をいいます。

 

  • 記事

    更新できる記事ページを作成します。詳細は上記の「更新記事編」をご覧ください

  • カテゴリ

    カテゴリを設定する事で記事の分類が可能になります。ZOMEKIはカテゴリに記事が紐づくため一つの記事でも複数のカテゴリーを設定することができます。50以上あるキーワードの分類も確実に可能です。

  • 地図

    有料のGoogle Map APIや無料のオープンソースマップを設定し、記事に表示されることができます。イベント会場などの時限情報を制作する時や、支店や会員店舗などの詳細ページを制作し一覧にまとめるなど様々な利用が可能です。

  • 関連ワード

    各記事に、任意のキーワードを設定できる機能です。カテゴリーにする必要がないキーワードで気軽に記事を分類したいときにおススメです。

  • 承認フロー

    新しく記事を作ったとき、また、ページの写真を差し替えたなど作業が終わった後に、ホームページ担当者などに確認してもらうための機能です。サイトアカウントの管理権限に関連する機能です。

  • カレンダー

    カレンダーは、記事と連動し告知などのイベント情報を掲載することができます。カレンダーは「普通のカレンダー表示」「リスト型表示」「本日の予定」の3種類制作ができます。

  • 広告バナー

    HTMLを設定せずに広告バナーを設置することができます。さらに、その広告のクリック数がいくつなのかを表示する事も可能です。

  • お問い合わせフォーム(問い合わせ内容は、CSV書出し可)

    お問い合わせフォームは、必要に応じていくつでも作れます。設定は管理画面から選択するだけでHTMLなどの専門知識は不要です。しかも、お問合せ内容は期間を設定し、(エクセルなどの)CSVファイルで書き出し可能。月報の制作やお問合せ内容の分析等に利用できます。

セキュリティー編

CMS ZOMEKIに搭載される主なセキュリティー機能を紹介します。

 

  • アカウント作成(作成者・設計者・管理者)

    利用する人の役職によって3つの権限でアカウントを制作できます。アカウントによって利用できる範囲が異なります。

    作成者

    投稿記事の制作と更新のみ可能

    設計者

    投稿記事とデザイン調整や固定ページの制作・調整が可能

    管理者

    サイトのすべてを利用できる

  • ロール設定

    アカウント設定に関連して、コンセプト(レイアウトや画像などを格納するフォルダのようなもの)の表示範囲を設定できます。

  • アクセス制御

    ベーシック認証の設定は、(管理画面・公開画面・公開画面のディレクトリ)の3種類から設定できます。IP制限についても「使用しない」「許可IPを設定」「禁止IPを設定」のいずれかを設定可能。

  • 操作ログ

    管理アカウントでは、いつだれがサイトを利用したのか操作ログを確認することができます。

その他の機能

 

  • アクセシビリティーツール

    音声読み上げ・フリガナ付与機能・テキストサイズ変更が利用できます。

    辞書機能

    フリガナ表記や読み上げで誤りがある場合は、辞書機能で追記することができます。

    独自ドメイン設定

    自由に独自ドメインを設定することができます。

    非常時

    元は、災害時専用トップページの設定ボタンです。企業の場合は激安セールやキャンペーン期間用のトップページを作成し表示させることも可能です。

サーバーも提供!サイト運用に集中できます。

当事務所でZOMEKIを利用する際は、ZOMEKI専用サーバーでご提供します。サーバー管理はCMS ZOMEKIを開発元にご協力いただいております。一般の無料CMSのようにバージョンアップをしてホームページが壊れるなどの心配は一切要りません。

※指定のZOMEKI専用サーバーに入れられない特別仕様のサイトの場合は、VPSで構築する事も可能ですが、CMSの保守費用は別途相談になります。
※CMS ZOMEKIでメールを利用する場合は、メールサーバーが別途必要になります。

当事務所の強み

2010年6月から、三鷹市子育てサイト制作プロジェクトに参加。自治体サイトを10サイト制作し、その他運営にも携わってまいりました。その業務の中で出会った「Joruri  CMS」「CMS ZOMEKI」この開発会社であるサイトブリッジ株式会社と共に子育てサイト制作時から協力し業務に携わった方が創設した、株式会社ヴィブラントの両社と協力し「CMS ZOMEKI」を中小企業の方に安く提供できるサービスを2019年から開始しました。
海外製CMSは、導入が簡単でも、バージョンアップや保守を行うという事が難しく、費用が大きくかかる作業になります。また、それらが頻繁に行われ誤ってサイトが壊れてしまったなどの相談も相次いでいます。当事務所のサービスをご利用いただければ、レンタルサーバーと「CMS ZOMEKI」を提供し、バージョンアップ・データバックアップ等の心配も一切なくご利用いただけます。自治体で活用しているCMSであるからこそ、会社や個人が余計な事に金銭的、時間的なコストを割かれずにサイト運用に専念できる体制が作れます。ぜひ、ご注目下さい。

ZOMEKI CMS 勉強会を定期開催

2019年5月から、三鷹産業プラザにて「CMS学んじゃう会」を開始しました。これは、すでにZOMEKIを導入している企業・団体や個人の皆様を中心に更新の仕方やホームページの作り方やCMSの勉強をしています。通常サービスの他、原則毎月行われる勉強会でZOMEKIの更新等を深めていただくことも可能です。ぜひ足をお運びください。

事例紹介